daihyo

エイアンドエフ代表

 私ども有限会社エイアンドエフは、「食の安心・安全を守る」をテーマに宮崎県川南町の肥沃な大地25haで野菜の有機栽培とブロイラー養鶏年間100万羽を出荷する農業を展開しています。

宮崎県川南町は、西に尾鈴山、東に日向灘と豊かな自然に囲まれ、秀逸な農業環境を保っており、作物のみならず労働環境にも最適なところです。作物には一期作と二期作がありますが、近年はブロッコリーとトウモロコシを主に栽培しています。ブロッコリーは5月~6月と11月~2月、トウモロコシは5月~6月出荷作業など多忙な日々に追われます。
私たちエイアンドエフは、「食の安心・安全を守る」をテーマに自然の英知を活かした減農薬で栽培します」そのため全て有機肥料で栽培をしています。

私どもの強みは、「食の安心・安全を守る」をテーマにしておりますが、加えて「美味しさと鮮度」を保つため出荷には人一倍力を入れています。選果作業には手作業で選別し、出荷作業には発泡スチロール箱に氷を詰めて鮮度を保ち出荷しております。その為に自社で製氷機をそなえており、とくに瑞瑞しい鮮度と美味しさを保つ必要のあるトウモロコシ、ブロッコリーは、出荷時に自家製の氷を詰めて出荷するので、取引業者様には大変好評を頂いております。

ブロッコリーとうもろこしブロイラー